未来の妄想の種を集める旅

日々徒然
 

上の画像は、先日大渋滞に巻き込まれながらようやく参拝してきた、滋賀の白髭神社。

今日は、また別の場所で、白髭様にちょっとしたお使いを果たしてきた。

 
 

今日から3日間は、「未来の妄想」のためのタネを集めるために動く3日間だ。

詳しくは書かない。

ただ、初日にしてすでに

「動いた分だけ、答えは来る」

を実感している。

つまりね。

「何か答えがほしいなら、自分から動きなさい」

ということであり。

「自分から動きもしない者には、本来与えられるはずだった答えは得られない」

ということ。

 
 

2018年は、平成という時代の最後の年。

2019年の今頃は、新しい年号で動いている。

これは、確定された未来だ。

その時、自分がどうなっていたいか。

私は、かなり、具体的に思い描いている。

そして、その先も。

その地点へと到達するために、何をしていくのか。

少々無謀な企画もある。

少々どころじゃない企画もある。

それでも、そこに行きたいなら、今できることからやるしかない。

 
 

詳しくは書かない…のは、秘密にしたいとか、できなかったらカッコ悪いとかではなくて。

この一連の、数年前から続いてきている感慨深い流れについて、個人的にじっくりと思い巡らせ、過去から未来まで含めて反芻し続け、過去のことも今のことのように吟味し続けているからだ。

人と共有する性質のことではないからだ。

 
 

さて。

明日は、どんなことを集めることができるかな。