作品制作についての諸処

作品制作についての諸処

無慈悲だからこその美しさと、人の世界への投影/そこに感情は不要

太陽や星や宇宙や自然 何かとコミュニケーションしたいために美しさを見せているわけじゃない。 周りに観客を集めたいわけでもない。 何に対して発信しているわけでもない。 もともとの在る姿を、在るように、存在している。...
作品制作についての諸処

騎龍観音、完成しました【龍の箱庭展25日から】

異界絵師 緋呂(ひろ)さん(@hiroko.kawaguchi)がシェアした投稿 - 2018年 5月月15日午後7時51分PDT サイズ:F20キャンバス(727×606mm)、アクリルガッシュ。 画像は、リサイズした以...
作品制作についての諸処

騎龍観音と白龍 進捗【龍の箱庭展25日~神楽坂】

予想外に時間がかかっております、騎龍観音と白龍の二点。 あと一息まで来てはいるのだけれど、細かい仕事になっているのと、完全に乾燥させてから次へ移らなきゃマズいのと。 描いてる本人が「え? そうなるの?」という意外な展開が多々ある...
作品制作についての諸処

展示会に向けて制作佳境/没入する楽しさと恐ろしさ【龍の箱庭展25日から】

東京での初展示会へ向けて、制作が佳境に入ってきました。 今回は郵送搬入するので、発送は遅くても23日午前中。 あと10日です。 今回、一番大きな作品はF20キャンバスを使ったアクリル画2点。 私の好きな絵のサイズ...
作品制作についての諸処

陶芸窯がやってきた!

たくさんの方のご厚意により導入することができた陶芸窯。 本日、到着いたしました! 窯の庫内は、内径24㎝の円筒形になっています。 開封した時、フタ代わりに入ってた段ボール。 これに、オリジナル型で素焼...
作品制作についての諸処

あなたも自分で龍が描ける!塗り絵に使える下絵プレゼント

大人の塗り絵の流行が続いてますね。 私も、何冊か持っていますし、塗ったこともあります。 何も考えなくていい、集中した時間が持てるので、気分転換には最適です。 たくさん種類も出ているので、好きなタイプの絵を選ぶこともできます...
作品制作についての諸処

机で絵を描いていて傾斜をつけたい時、どうする?

  アトリエはテーブルの上...という絵描き仲間の皆さん。 机に用紙を水平置きにしていて、ちょっと傾斜がほしいなーと思うこと、ありませんか?     イーゼルがあればいいけれど。 カタチ的にも大きさ的にも、使ってない時は...
作品制作についての諸処

焼いた軌跡で作られていく絵があるって、ご存じですか?

Q.いつもブログ読んでます。 ずっとお聞きしたかったのですが、ヒロさんて、一番好きな画材は何ですか? いろんなタイプの絵があるけど、きっと、これが一番!ていうのありますよね? A.ご質問ありがとうございます! 一番ってむずかしい...
作品制作についての諸処

龍を描きはじめたのはいつ?どうして? きっかけは、辰年と筆ペン

Q.ヒロさんっていうと龍...て思うのですが、龍の絵を描き始めたのはいつ頃ですか?  A.2012年ですね。 実は、「龍は描かないの?」と聞かれたら「描きません」と答えていたのですよ。 こんな風に龍ばっかり描くようになるとは、まる...
作品制作についての諸処

無意識に動かされる。理由がわからない時ほど、強く働くエンジンを感じませんか?

ふとした時に、今までは気がつかなかった自分の奥の方にある「無意識的に方向付けている想念」を発見することがある。 そんな時。 いろいろな角度からそれを眺めてみて、ふさわしい形容を...言語化を試みる。 すぐに適した表現が...
作品制作についての諸処

結局は、「原点はどこにある」を常に考える立ち位置に戻るだけ~ライブペイント所感

大阪で、30分の持ち時間をいただいて、ライブペイントさせていただきました。 仕上がったのは、こちら。 終了直後に、井本貴美子さんが撮影してくださいました。 本日のライブペイント作品#龍 #ライブペイント #異界...
作品制作についての諸処

術師的絵師にとっての錬金術は、高温の流動状から掴み出す、まだこの世にないモノの創造

自然の5大元素。 水、火、木、土、金。 私はその4つまでを、複合的に使う。 残るは、金。 けれど。 ついに、その最後の1エレメントも。 扱えるようになる日が近そうだ。 針金細工とか、そんな「アリ...
作品制作についての諸処

転ばぬ先の杖ならぬ「教訓の先取り」がありがたいので記録しておくの巻

「手慣れると、気の入り方が鈍くなることがある」 これは、龍の徳利&ぐい呑みセットを納めてきた時にいただいた言葉。 陶器絵付けというジャンルで、ようやく、そこそこ自由に描けるようになってきたばかりのここ最近。 ご神前に御...
作品制作についての諸処

だいたい50分、人とのおしゃべりに花を咲かせながら手が勝手にラクガキする実験で感じたこと

先日と今日、二回。 Facebookつながりの方達とオンラインでおしゃべりをする日を設けた。 もともとは違う目的のために設けた日だったのだが。 しゃべっている間の手慰みにラクガキをさせていたら、結局そちらで多々感じるこ...
作品制作についての諸処

陶土で造形品を作ること/絵付けすること 「陶芸」は陶芸でも、全く違った二つの手仕事

最近、ものすごくハッキリと、わかったことがある。 陶器…陶土をさわることは、好きだ。 昔は3D作品は向いてないって思っていたけど、今は、「その中でも、向いてるし好きなやり方がある」という認識になっている。 ただ。 ...
作品制作についての諸処

一箇所にとどまっていては届かない世界がある。だから動く。

陶器というのは、非常に、原価がかかる。 しかも、必要な装備があまりにも、桁が違う。 だからこそ、持てる者のアドバンテージが高いのだが。 それにしても、試作の結果が出るまでに時間も費用もかかりすぎる。 しかも、不確...
作品制作についての諸処

絵そのものは消えても、無意識領域には確かに、カタチが刻まれる

もうすぐ、冬至。 冬至というのは、最も昼が短い日。 つまり、夜が長い日。 今の時期は、その日に向かって刻々と、闇の時間が長くなっていく時。 昨日まで明るかったのに、今日は暗い…そんな、日が続く。 日本の...
作品制作についての諸処

【特性比較】墨と不透明水彩、どう違う?

絵具は、それぞれに特性があります。 今回は、 A 水墨画用墨汁 B 不透明水彩(ターナーポスターカラー) の両方を同時に使っているので、その二つを比べてみました。 用紙/スケッチブックの画用紙 筆/画像内の和筆 赤紫=墨...
作品制作についての諸処

怪しい絵師のはじまり物語…振り返る初心の頃

「初心にかえる」 ということが、必要なのかな…と、思った。 見えない世界の絵を描くようになったのは、天使から。 だから、その初期の頃の絵をInstagramに投稿してみた。 懐かしい絵シリーズ。対...
作品制作についての諸処

自宅のプリンタで中綴じ冊子を作る方法-レイアウト編

自宅プリンタで中綴じ冊子を作ろう!のパート2は、レイアウト編。 パート1道具編は、こちら 自宅のプリンタで中綴じ冊子を作る方法-まずは道具!     まずは面付け   冊子作りは、「面付け」っていう作業があります。 単なる1...