ベトナムの大学でライブペイント披露【訪越2nd】

海外活動報告

3月19日~24日まで、ベトナムのダナン市を再訪しておりました。
21日はドンア大学にて、23日にはアジア仏教の聖地とも言える観世音寺にて。
二回のライブペイントを行いました。

  

21日 ドンア大学 日越文化交流フェスティバル

ドンア大学は、ベトナム第三の都市ダナンにある、日本語学部のある大学です。
学生さん達はみなさん、とても明るくてフレンドリーでした。

ドンア大学
外観もキレイですが、内部もとてもクリーンで整然としていました。
パフォーマンス用のステージ

前回参加させていただいたフェスティバルは3日間続くイベントでしたが、今回は21日の一日だけです。

ただし、今回は構内ロビーに作品を展示していただけました。

イーゼルを使っての展示。
やってみたら、逆行で透けてよく見えなくなってしまいました。
なので、急遽、パフォーマンスの時に足元に敷く予定で持参した赤いフェルトを後ろに敷いて遮光。
やってみれば、この赤い背景がとてもいい具合に効いた感じで、結果オーライです。

描いてあるのは、草木染めの布。
別記事にて改めて解説しますが、今回はライブペイントのために「セット」を組み立てました。
そのパーツを運搬するため、スーツケースには余裕がなくて。
額装作品を持っていくことが困難だったのです。
巻物にするのが一番良い、と思い。
最初は、軸装してもらおうかとも考えていました。
そんな時に、とても具合の良さそうな、サイズも手頃な布を分けていただく機会を得まして。
タペストリーにして運搬いたしました。

   

BGMも英語ナレーション入りオリジナル曲で

今回のベトナム行きにあたっては、実にいろんな方の手が私を助けてくれました。
布の染色をしてくださった方はもちろんのこと。
パフォーマンスに使うBGM曲は、いつもブログを読んでいてくださる読者の方が、昨年秋頃に自発的に作ったものを送ってきてくださいまして。
それを、使わせていただきました。
匿名をご希望なのでご紹介できませんが、本当に、ありがたいことです。

そして、これも昨年、インタビューライター鯰美紀さんに作成していただいていたコンセプトメッセージの英訳が役に立ちました。

コンセプトメッセージの英訳

この英文を、知人の英語が堪能な方に読み上げ録音をしていただきまして。
曲に乗せて、パフォーマンスBGMに使いました。

BGMは今回のパフォーマンス両方ともに使わせていただきました。
お手伝いくださいましたみなさん、ありがとうございます。

   

ドンア大学でのライブペイント動画をどうぞ

日越文化交流フェスティバル12090322

   

23日の観世音寺でのパフォーマンスについては、別記事でごらんください。
https://blog.art-hiro.com/archives/1454

   

    タイトルとURLをコピーしました