作ることが楽しくて、評判も良くなってきて…売ってもいいのかも…と思い始めている人達へ

好きに生きよう道

何か、創ること描くことが好きで。

けっこうクオリティも高くて。

いいねもシェアも、そこそこもらえてて。

「売ればいいのに」

「買いたいです」

という声が上がり始める。

注文取ってないのに値段を聞いてきたり。

一人二人は、実際に買ってくれたりする。

で、ブランド名とか考えて。

ハンドメイド品を売るサイトなどに登録してみたり、ネットショップを作ったり。

マルシェに出てみたり。

「販売はじめました」と、思い切って告知もしてみる。

すると、どういうわけか。

今まで「いいね」って言ってくれていた人の多くが、潮が引くようにして、消えていく。

ショップができたら買います、と言ってたはずの人達が、いなくなってる。

すでに飽きていたり。

他の作家に興味が移っていたり。

思ってたより高くて気まずくなってたり。

そもそも、買う気がなかったのだったり。

ひどいと、本当に販売を始めるなんて思ってなかったとか。

世の中には、材料費や手間賃を「ちょっと払ってあげれば、感謝されてモノももらえる」と本当に思っている人が、意外に多いんです。

で、ある時、何かの拍子に、知ることになる。

以前、すごくいい!とか、ファンです~とか言ってくれて、いつもいいねを押してくれていた人が、

「ちょっと人気出たと思ってその気になっちゃって」

「あんな値段付けられてもねえ」

「○○さんの方がセンスあるし」

などなど、買ってくれるどころか逆の動きを影でしているってことを。

これらは、「あるある」です。

でも、そこでへこたれたら、終わりです。

図々しくなりましょう。

調子に乗った自分を恥じる…などのマイナス方向に走らないで。

一時的にはそんな気持ちになってしまうこともあるだろうけど、一時の気の迷いで留めて。

お金をいただくようになったら、人の見る目は厳しくなります。

「こんなのできた~見てみて~♪」ってやっていた頃とは、まるで違う視線を受けることになります。

それは、当然なんです。

そして、それを引き受けて、取り入れるべきは取り入れ、そうでないものは謹んでお断りする…という「線引き」ができなければ、長続きはしません。

あなたが「自分はこういう作家なのだ」と腹を据えて姿勢を決め、それを通せば。

それに合う人達がやってきます。

出逢える前に辞めてしまえば、それっきりです。

がんばろう。