好きに生きよう道

自分の生きやすい生き方をしよう、というテーマ

好きに生きよう道

早く早く…な急展開にはストップをかけました

世の中で龍がブーム化したことも影響して。そして、私の内龍を活性化/解放化したこともあって。様々な事が急激に動く、ということが多くなった昨年~今年前半でした。けれど。元来、私はスローペースなのです。以前は自己イメージが亀だったっていうくらい...
作品制作についての諸処

時には止まってみることも必要だし、人から煽られたくはない

今、流れは確かに、ものすごく早い。とにかく動き続けること。止まらないこと。動きながら考え、動きながら組み立て、動きながらやり直すこと。本当に、大事だ。わかっているし、事実その通りで、正しい。それでも。一旦止まらなければ落とし込めないことは...
好きに生きよう道

技術や知識や体験は、何があっても常に自分の味方

人は変わる。どんなに親しくても、仲良しでも、信頼し合っていても。それが永遠とは限らない。いや、永遠であるわけがない。お互いに少しずつ変化しながら、その時その時にお互いとの具合を推し量りながら...というのが、人との関係だ。それは、たとえ家...
好きに生きよう道

世界は自分が創っている~立ち位置で逆転さえする「受け取り方」

たとえば、協会ビジネス。たとえば、認定制度。たとえば、お得意様だけに向けた少々特殊なサービス。そういったものを、「顧客を囲い込んで信者化させるための常套手段」だと、見ていたことがあります。今でも私は協会制度などは好きではありません。ただ、...
好きに生きよう道

本心を書くということは「誰かを落として自分をあげること」ではないのだから

人の顔色をうかがって、本心とは違うことをブログに書く。それは、ナンセンスで、誰のためにもならないことだと思っている。 だったら、嫌味に見えようが攻撃的に見えようが関係なしに、感情もそのまま丸出しにして吐き散らせば、「本心を書いた」こ...
好きに生きよう道

過ぎゆく平成時代に残して先へ行く&元年のチャレンジ

「誰かの基準」に合わせるていうことを、過ぎゆく平成時代に残して先へ行くことにする。もっとも、もともと、誰かの基準に合わせてブログを書く...なんてこと、できていなかった。やろうとして、何度も仕切り直して、いくつか書き方メソッドなどもかじっ...
好きに生きよう道

「人と距離を置く」ということ

気が合う人だったはずなのに、いつの頃からか噛み合わなくなり、やがて疎遠になる。そんなことは、誰でも経験していることだと思います。ことに、SNSの隆盛によって人との出会いから物理的な距離などが薄れた今。「SNS疲れ」なんていう言葉も使われる...
好きに生きよう道

にぎやかにしていても、佇まいは静か…そんな生き方を

ゆるやかで、自分の気持ちのまま(自分勝手というのとは違う)に、流れに沿って生きていく。それを実践している人達と出会うことが多くなりました。私自身も、確かに、我慢しがちな人から見ればそのような人なのかもしれないけれど。私はまだまだ、ムダに考...
好きに生きよう道

開運したいと本当に思うなら、まずは自ら動くこと

自分の視界に入る「あの人」「この人」が、いろいろなチャンスを得てどんどん進んでいるように見える。なんかうらやましい。わたしはどうして、ずっとグズグズしたままなんだろう。もし、そんな風に思う時があるなら。なんでもいいから、動いてみるのが一番...
好きに生きよう道

「自信がほしい」なら、ただ「決める」だけでいい

1月1日、年が明けると同時に販売スタートした2019年新春お年玉昇龍色紙。100枚分のご注文をいただくことができました&100枚制作が完了し、発送させていただきました。記念企画は今までも時々やっていましたが、この枚数を一挙にというのは初め...
好きに生きよう道

「年相応」を他人が押しつけることについて考えた

とあるところで、「年相応」について書かれている文章を読んだ。「大人になれてない」「年相応の生き方ができないとは、(揶揄として)かわいそう」といった論調のもので。かわいそう、と言われている方のことは私は存じ上げないけれども。この論調でいった...
好きに生きよう道

書くことで表現する…ということ

この記事は、半年以上前に書いていました。公開せずに、下書きに置いてありました。少しずつ書いて、下書きを上書きして。しばらくしてから書き足して、また下書きにして。なぜすぐに公開しなかったのか...といえば。迷っていたからです。今はもう迷って...
見えないセカイ

「新時代への助走」となる四半期が始まりました

2019年、この国は「名実影共に」変化します もうご存じの通り、2019年、日本という国は変わります。天皇陛下のご譲位とともに、元号が変わります。2019年は、グレゴリオ暦における年数。実際の日本は、本日...
好きに生きよう道

「人のために動くのではうまくいかない」という正しさに、あえて異論

【あなたの原動力は何ですか?】 行動すること、行動し続けること。 そこには莫大なエネルギーが必要。 その燃料になるもの。 原動力は、なんですか? よく 「人のために動くのではうまくいかない」 ...
好きに生きよう道

運命を変える出会いのために、今あなたがすべきこと

【知ってる人だけ範囲という壁を乗り越え、外の世界へ向けて漕ぎ出したあなたへ】 「知っている人達」に知られればよかった。 その枠の中では、応援された。 賞賛ももらった。 でも。 もう、あなたは、その範...
好きに生きよう道

作ることが楽しくて、評判も良くなってきて…売ってもいいのかも…と思い始めている人達へ

何か、創ること描くことが好きで。 けっこうクオリティも高くて。 いいねもシェアも、そこそこもらえてて。 「売ればいいのに」 「買いたいです」 という声が上がり始める。 注文取ってないのに値段を...
好きに生きよう道

「生きづらさ」を解消したければ「○○を持ちなさい」

生きづらい、と感じて、日々がシンドイ...と。 あなたは、そういう中で毎日を過ごしていないだろうか。 なぜ、そうなっているのだろう。 運が悪いから? 恵まれてないから? 環境がよくないから? 私は...
好きに生きよう道

「思われたい姿」なのか「思わないでほしいという願い」なのか

○○だっただろうね...という風には、絶対に、思われたくない。 とあることがきっかけで、そんな想いが強く沸いた。 それは、絵の道では大先輩の方の訃報に触れた時。 お目にかかったことは一度だけだったけれど。 その時...
好きに生きよう道

「何の得にもならない」とすぐに考える人は、ただそれだけで運気を落とす

運気が上がるとか、運気が良いとか。 気にする人はけっこう、多い。 なのに、自分から落としてしまっている人も、たくさんいる。 残念な話だ。 私が特に「だから運気が落ちるんだよ」と感じるのは、すぐに損得を考える人。 ...
好きに生きよう道

肥えた目が発想を阻害する分岐点とは

  発想とは、どこから湧き出てくるのだろう。 あなたは、考えたことが、ありますか?     発想とは、現実から遊離していてもかまわない自由なものだと思います。 現実的かどうかなどは、ひとまず考えず。 面白そう! ...