「生きづらさ」を解消したければ「○○を持ちなさい」

好きに生きよう道

生きづらい、と感じて、日々がシンドイ…と。

あなたは、そういう中で毎日を過ごしていないだろうか。

なぜ、そうなっているのだろう。

運が悪いから?

恵まれてないから?

環境がよくないから?

私は、生きづらいということには、はっきりした「原因と結果」があると思っている。

つまり、因果。

それは、「尊敬する人」の有無だ。

そんなこと? と、思っただろうか。

自分が生きづらいことと他人の存在、どう関係あるの? と思ったろうか。

けれど、私は、答えはそれしかないと考えている。

生きづらさがどうこうという

「だって辛いんだもん!!!」

に繋がれきってしまっていること、それ自体が、一番の生きづらさであって。

そこから離れる最良の方法が「尊敬する人を見る」ことなのだ。

尊敬するひとがたくさんいる世界とは。

それだけで、かなり素晴らしい。

尊敬する人達が先を行く姿を日々、見せていただいていると。

「自分は、こういう人と同じ世界に生きてるんだ」

ということを、日々、感じることができると。

自分の生きづらさ、というところから、フォーカスが変わる。

こういう人と出会えて、見ていることができて、自分の頑張り次第では同じ空気を吸ったりもできる。

それは、自分が今、この世界で生きてるからこそなので。

その生きている日々には、当然、様々な出来事があるわけで。

それらはどれも、一面から見れば「良いこと」で、別の一面から見れば「悪いこと」で。

結局、物事への意味づけとは

「その出来事を、どの面から、どういう感情でもって受け取るか」

という相対的なものでしかない。

だからこそ。

自分が生きている同じ世界に、今生きている人を尊敬する。

それが、大切なのだ。

尊敬できる人なんて誰もいない…とは。

世界の広大さをロクに知らないのに、世界とはこういうものと断定しているということ。

その視野の狭さこそが、己を生きづらくしている、最大の因果なのだ。

生きづらさを解消したいのならば、尊敬する人を一人でも増やしなさい。

その人を真似る…などの、よく言われるテクニック的なことは考えなくてよい。

そうではなく。

どのような人を見た時に、自分が「この人はすごい」と感動するかを知りなさい。

そんな人はいない、と断定するところから、まず、少し離れなさい。

近くにいないなら、出会うまで動きなさい。