運命を変える出会いのために、今あなたがすべきこと

好きに生きよう道

【知ってる人だけ範囲という壁を乗り越え、外の世界へ向けて漕ぎ出したあなたへ】

「知っている人達」に知られればよかった。

その枠の中では、応援された。

賞賛ももらった。

でも。

もう、あなたは、その範囲では満足できない。

だから、枠を超えて行くしかない。

外の世界へ向けて。

あなたのことを知らない人達の中へ。

「ねえ、見て見て!聞いて聞いて!」

と呼びかけても。

この海の上では、その呼びかけがどこに届いているのか、届いているのかいないのかすら、わからない。

元の島へもどろうか…という気持ちがよぎる。

もどれば、たぶん。

また、知っている人達が周りに来てくれるだろう。

いいね、と言ってくれて。

たまには、買ってくれたりもして。

楽しい。

けれども、あなたはもう、気づいている。

知り合いだからでなければ、鼻も引っかけられないのでは…

その不安で、寝付きが悪くなるほど寒くなることを。

だから、漕ぎ出したはず。

考えよう。

どうやったら、声を届かせることができるのか。

どうやったら、あなたの存在を、今は視界に入ってすらいないところへ、届かせることができるのか。

旗を立てよう。

遠くからでも見えるように。

あなたを知らない誰かが、あなたの声を拾い上げてくれたなら。

何のバックボーンも知らない誰かが、あなたの声を聞いてくれたなら。

見てくれたなら。

その時、あなたは、その人になんと、応えるのだろう。

考えよう。

そして、準備しよう。

出会いがやってきた時、ぞんぶんに応えられるように。

受け入れるかどうかは、その相手が決める。

あなたにできることは、真っ直ぐその人と向かい合い、するべきことをするということ。

がんばろう。