緋呂の異界絵師通信

Blog:緋呂の異界絵師通信

名古屋駅近くに無料でゆったり過ごせる憩いの森とは?

time 2018/05/06

名古屋駅近くに無料でゆったり過ごせる憩いの森とは?

仕事に疲れてぼーっとしたい、リラックスしたいけど、特に場所が思い当たらないなんてこと、ありませんか?

そんなときにオススメの、とっておきの場所があるんです。

名古屋駅から徒歩で行ける。

入場無料。

広い芝生やベンチがあって、ゆったりできる。

カフェもある。

そんな場所。

名古屋駅から徒歩10分くらいの則武新町に、ノリタケカンパニー運営の陶磁器のテーマパークともいえる「ノリタケの森」。

ここでは、レンガ造りの風情ある建物をバックにくつろげる他、陶磁器産業のことをいろいろ、学ぶことができます。

陶磁器の中でも、ノリタケの製品は「ボーンチャイナ」という種類の磁器。

焼き物の中でも、「陶器は土もの、磁器は石もの」と言われていて、原料が違います。

石ものである磁器の中に、磁器原料と骨粉を混ぜた「ボーンチャイナ」があるのです。

光に透ける乳白色で、艶と光沢があり、軽くて衝撃に強い焼き物。

それが、ボーンチャイナ。

パーク内のクラフトセンターでは、ボーンチャイナの製造工程を見学できます。

実際に職人さんがお仕事されているところを、拝見できるようになっているんです。

複雑な置物を、どのようにして型取りし組み立てているかも見ることができます。

2階は、絵付けの行程。

様々な技法を見ることができます。

こんなにいろんな絵付けの方法があるのか!と、テーブルウエアを見る目が変わるかも。

好きな製品を選んで絵付け体験もできるので、記念品作りもオススメ。

お皿は白地以外に、下絵があらかじめ描いてある塗り絵感覚でできるものも数種類用意されているので、描くことに抵抗のある方でも塗り絵感覚でチャレンジできます。

お皿以外に、恐竜やネコなどのカワイイ置物も用意されていて、何度も楽しめるようになっているんです。

私も一枚描いてきましたよ。

https://www.instagram.com/p/BfQ6SjrFJDE/

クラフトセンターの3階と4階はミュージアムになっています。

撮影OKの展示室で、人がいなくなった隙に試行錯誤して展示品と一緒のところを自撮り(笑)

f:id:art-hiro-b:20180217091316j:plain

テーブルウエアに興味がある方は歴史に触れることもでき、お買い物もでき、楽しめると思います。

パーク内は入場無料。

クラフトセンター棟は一般500円。

広い芝生もあるので、のんびり散策したい時、お子様連れにもよい場所ですよ。

【ノリタケの森】
〒451-8501 愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
名古屋駅から徒歩10分程度。
駐車場は30分100円(上限1,000円)
パーク内全体で合計5,000円以上お買い物すると、終日無料です。

展示会『龍の箱庭展』のご案内
会期:5月25日~27日、金土日の3日間
時間:11:00~20:00(27日は19:00まで)
会場:GARAGE kagurazaka
   東京都新宿区神楽坂6丁目73 メゾンドガーデニア101

・アクリル画、焼き絵、墨、水彩画、陶器作品など龍作品の展示販売
・会期中は全日在廊し、会場で作品制作します。


【5月~7月期間限定のおすすめメニュー】
内なる龍覚醒セッション:5月6月限定
篩制御式(ふるいせいぎょしき)/墜ちゆく力に巻き込まれないために

緋呂(ひろ)のプロフィール - はてな
インタビューライターとのQ&Aで見る「緋呂ってどんな人?」
欲しいものリストを見ると人柄がわかる?
緋呂 公式サイト/Shop/SNSリンク集
Hiro-Web | 緋呂の作品展示館
龍と龍画の専用サイト「龍のカケラを手に入れろ!」
オンラインショップ緋呂屋
異界絵師 緋呂(ひろ) (@HIRO_eshi) | Twitter
緋呂Facebook個人ページ
Instagram
携帯対応 お問合せ窓口はこちら

神絵/仏画/天使画

Profile

異界絵師 緋呂

異界絵師 緋呂

神/龍の具現化職人。
ひょうたんランプ制作、新感覚の陶器絵付けや造形品、型魂ジュエリーデザインも手がけます。
まじない要素のある作品制作やスピリチュアルワークも実施。
【5/25-27神楽坂にて龍画展示会開催】 [詳細]

過去の記事

ライブペイント「現龍」