空の上から見る空は地上からとは違った美しさでした【ベトナム回想】

日々徒然

帰国してから、早くも2週間がすぎました。

この2週間に、新しい海外での話をいただいたり、念願の襖絵の話をいただいたり、京都の展示会場を決めたり、ベトナム体験シェア会を数回やったり…と、バタバタ動き回る毎日でした。

いつの間にか日が過ぎた感。

今回は、この旅最大の感動について。

景色の話です。

飛行機の中で見たもの。

人との関わりやライブペイントもよい経験で、得がたいことなのですが。

空の景色が大好きな私にとって、この機上の風景というのはもう、あらゆる感情経験を凌駕するものでした。

極端なこと言うと、あの景色を見るために機上の旅に出たのかも…なんていう気になるほど。

手配したチケットは、往復ともベトナム航空。

往路はハノイでの、夕方のトランジット。

そして、復路はホーチミンでの、夜のトランジット。

4便の飛行機での搭乗でしたが、すべてが窓際の席。

座席を指定できるチケットではなかったので、この、全便窓際というのは奇跡的です。

ハノイへのフライト中、ひょこっとあいさつに来てくれた…みたいな(笑)

何に見える?

ここからは、ハノイーダナンへのフライト。

▽太陽の円環が雲に映り、真ん中に飛行機の影

▽いっぱい、いろいろ、飛んでる♪

▽ダナン空港へ降下していく時間は、ちょうど夕方。

▽蛇行する龍体のような川面に雲が映り込んでます

ここからは、ホーチミンから中部国際空港へのフライト。

▽雲の上の夜明け。
 ベトナム時間を表示していた、この時のiPhoneは、3:40くらいだったと思う。
機内食の準備の音で目が覚めた。

▽朝日に照らされて、雲の影が雲の上に長く伸びる。こんな光景は地上では見られない。

▽明けた朝の空に白く輝く月。

▽中部国際空港へ降りていく。

写真を撮ったけれどキレイに映っていなかった…という光景にも、新鮮なものがありました。

ダナン空港からホーチミンへ南下していくフライトで、すっかり暗くなった空には月が出ていました。

その月の位置が。

飛行機の、ほぼ、横。

一緒にずっと飛んでいる…ていう感覚に。

満月が少し欠けただけの、丸に近い月は明るくて。

下に広がる雲海を月光が照らしていました。

雲は水蒸気の塊ですから、雲自体も映像を映します。

照らされた雲海には、丸く月が映っていました。

あんな景色は、空の中で空を見るのでなかったら、見ることはできない。

実は私、飛行機はちょっと苦手です。

それでも、視点が変わる、という経験は、実際に普段とは違う視点でものを見てみないと、できないもの。

この往復航路で見た景色だけでも、ベトナムまで出かけて行った甲斐があったなと思います。

写真は載せてありますが。

実際に目で見た景色とは、まるで別モノ。

撮るのが下手っていうのはもちろん、あるけど。

そもそも、目で見る生の景色とは「その瞬間だけ」の邂逅です。

そこで得た感覚は、写真に映るようなものではないんじゃないかな、って感じもします。

ひとまず。

これで、ベトナム回想は終了。

ダナンにはまた行くと思います。

今回は道路や町並みの写真はあまり残してないので、そういうのはまたの機会に…てことで。

【ベトナム体験記】

メインステージで3回のライブペイント敢行【ベトナム活動記録1】
ベトナム回想記、一回目はやはりコレ。 越日文化交流フェスティバルのメインステージでのライブペイント。 3日間で3回。 やってきました。 ※音が出ます 越日文化交流フェスティバル。メインステージでのパ...
ベトナム政府機関の方へ作品寄贈 【ベトナム活動記録2】
【ベトナム活動記録1】では、メインステージでのパフォーマンスについて書きました。 そして、記事末には、こんなこと書きました。 また、3日目の記念写真には、とても凄い方とご一緒させていただいています。 その話も、また、別...
フェスティバル「日本文化」ブースでライブペイント【ベトナム活動記録3】
越日文化交流フェスティバルメインステージでのパフォーマンスを3日間で3回やらせていただきました。 そして、それ以外に、「日本文化」というブースの中でたくさんのライブペイントを描きました。 今回は、その話。 ...