余力を甘く見積もるのはやめましょう…という一日でした

日々徒然
 

参りました。

まさか、映画を半分で切り上げて帰ってくることになるなんて。

面白くなかったわけではないのに。

 
 

年に何度か、「コーヒーが飲めなくなる」現象がやってきます。

なぜかは、わかりません。

毎回、規則性はなくて、それが来ると飲めなくなり、いつの間にか元に戻るのです。

それが始まったのかどうか不明ですが…今日は出先で飲んだアイスコーヒー、明らかに

「あ、このコーヒー、ダメなやつかも」

という感触があったので、四分の一ほどでやめたのですけども。

その後、スクリーンを見ていたら気分悪くなってしまいました。

で、このままだと家に帰れなくなるかも…と思って、途中退出。

 
 

でも。

実は。

映画の内容…というか、画面から感じる空気感というか。

それも、気分が悪くなってきた理由のように感じます。

とてもヘビーな内容のもので。

ここのところ、少々、体力精神力共に残量が少なくなってたのが戻ってないので。

いささか、受け止められる状態でもなかった気がします。

 
 

昔はこんなことは、なかったんだけど。

相当ヘビーな内容の作品でも、体力を削られるようなことはなかったんです。

一時的に精神力が減ることはあっても、別に長引くこともなく、劇場を出て少し考える時間を持って消化できていた。

 
 

なんというか………

タンク容量が減ったなあ~。

実感します。

スケジューリングにしろ、行く場所にしろ、やることにしろ…改めて、絞っていかなきゃいけません。

ヘビーなものと向き合おうとする時は

(不意打ち、やむを得ない時を除き)

自分の余力を甘く見積もる傾向を引き締めて、むしろ余分に差し引いて見積もるくらいにしないと。

肝心なことに影響がでてしまいそう。

今だって、篩制御式のアイテムを作っている最中だし。

金山媛のアイテムも創らなくてはならないし。

窯購入支援いただいた方へのお返しも進めているところですし。

どうでもいいようなことでHPやMPを削られてる場合ではないってことです。

 
 
    タイトルとURLをコピーしました