ノイズは、自分の内側にも~年末テーマはこれ一つ

日々徒然

WordPress5.0のブロックエディタ、最高!


今年はブログ更新が滞っていたのに。
この年末になっていきなり、書く気復活!

実は。
WordPressのデザインがなんかイヤで。
アイキャッチを毎回用意するとか、なんかムダじゃね?…とか思いはじめたり。
がーっと書きたいのに、なんか、ひっかかる。
で、だんだん書かなくなってしまった…わけだけど。

先日突然、突発的に、デザインを変えてみた。
白ベースの、あまり装飾のないデザインに。
そしたら妙にスッキリして。
アイキャッチ画像を用意するのも、それほど苦じゃない。

さらに。
何年付き合ってきてもどうにも好きになれなかった投稿画面。
これが。
WordPressのアップデートで、ガラッと一新。
どうも巷では使いにくいと評判が悪いようだけれど。
これが、私には実にドンピシャ。
快適快適!

HTMLもCSSも、昔は仕事で触ってたから、それなりにわかる。
が。
わかるからって、それを見るのが好きとは、限らんのな!
前までのエディタは、ヴィジュアルエディタもなんか好きじゃなかったので仕方なしにタグエディタを使ってきたけれど。
今のブロックエディタは最高。

画面に並ぶのは、純粋に、書いた文字だけ。

あーーーーーー、なんてスッキリ!!

ということで。
一番ひっかかっていて、だんだんと嫌気が増して、とうとう見たくもなくなった…のは。
投稿画面の枠に並ぶ、書きたくて書いた文字列以外のモノだった。

いやもう。
それがなくなってみてわかる。
あれもまた、ノイズだったのだよ、私には。

この年末のテーマはもう、「ノイズ排除」だね。

…と、いうことで。
勢いづいて、また書いている。
久々に、文章を書きたくてしょうがない(笑)
なんてゲンキンな。

やる気にも直結していた「ノイズ」


まあ、こんな風に。
本当に「ささいなこと」が意外に大きくひっかかっていて、物事が滞ってしまう…ていうことは、よく起きるんだと思う。
だいたいは、自分が一番ひっかかっていることが何か…というのは気がつくものだけれど。
今回のように、自分としては使えないものじゃないっていう要素がその原因だったりすると、気づくのが遅くなる。
結果的に、解決が遅れてしまう。

もっと早期に、「かもしれないところ」を片っ端から潰してみるっていうのを、やっておいたらよかったのかも。

今年の春に、文章をもう少しきちんと書けるようになりたいと思ったことがあった。
添削してくれるサロンがあって、友人諸氏の伸びが著しかったので、私も参加を決めてみた。
けれど…残念ながら。
私は、その指導にどうしても、どうしても、どうしても…なじめなくて。
途中リタイヤ。
その時に、「なんかもういいやん、書きたいように書けば!」って半分やけくそで思ったものだ。

かなり後になって、その時指導になじめなかった(っていうか、どうしても理解できなかった)理由かもしれないことが、別のセミナーに参加した時にわかった…ということがあった。

「文章を書く」
という、実際の行為とは少しばかり違うところに。

私の特性…みたいなところに。
それを都合よい逃げ口上にする気はないけれども。

その時も、思ったの。
「自分で気がついていることは、本当に、ごくごく、一部分でしかない」
って。

文章を書く時に使う能力、資質、技術。
そういったものの中に、一体どれほど多くの要素がひとまとめになっていることか。
「テーマを絞る」は、たった6文字で表せるのだけど。
この中に、すごくたくさんの要素が詰まっていて。
私にとって、それを阻害する原因になっている特性というのは、実に無意識でやっていることだったので。
まったくもって、ノーマークだった。
というより、自分のやってることがどうやら「なんかちょっと、多数の人と大幅に違うらしい」なんて、思うわけないよね…っていう。

言葉の上では理解していたって、実際に自分がやっていたことは、その6文字が意味するところでは収まっていなかった。

で。
じゃあ、それをもっと分解して…分解して…絞って絞って、まとめる。
それが、できるようになるのか?

なんかもう。
できるようになる気が、まったく、しない。

分解して、しまくって、もの凄い細かい要素にまで砕いて砕いて表現する。
そのことが、すごく好きな部分も、私には確かにある。
むしろ、他の人がなんでそこを「丸めてしまう」のか理解できない…っていうくらいのところが。

けれど、この問題に関しては。
私は、己が認識する「最小単位」が、100とか1000とかくらいの大きさであるらしく。
一つのテーマ、って言われて本人はそう思っているのだけども。
三つも四つも、含まれているらしく。


一体全体、どうやったらそれが「一つ」にまで細かくできるのか…っていうのが。
今もって、謎なのだ。

と、まあ。
文章を書く、という行為においては、様々に引っかかる点がある。
それらの複合で、書きたい意欲ががさっと減ってしまっていた。

これも、ある意味「ノイズ」かも知れない。
だって、そんなことを考え始めなかったら…更新がここまで鈍ることも、なかっただろうから。
仮に、書いたものが「あまり人に伝わってない」とか「どうも理解されてないらしい」とか、あったとしてもね。
それでも、書かなくなるよりは、いいと思うのだ。
私は…ね。


テーマを「一つ」にまで細かくする…ていうのについては、まだまだナンとも五里霧中だけど。
投稿画面がスッキリしてノイズが消えたので、書きたい気持ちが急激に戻ってきた。
これはよかった。
本当に良かった。

書いて掘り起こしていかないと、自分自身にも未知のままになってしまう。
私はそんな、いささか困った性分なので。

誰かに伝えるため、というよりは。
自分のために。
書きたいと思い続けてきた。
今も、それは同じ。

誰かのためになることをやる。
それは、確かに、必要なことなのだけど。
そこに行く手前に、やっぱり、「自分がいい感じでいられる」ていうのが外せない。

今年の前半くらいまでは、まだまだ「そうは言っても、やはり少しは人の役に立つことをしなきゃ」という気持ちがあった。
だからこそ、もっとマシな文章を書きたい…じゃあ指導受けよう!みたいなことも、やりたかった。

今は?
まるっきり、ない。

イザとなったら、ライターさんに文章作ってもらうという手段もあるしね。

まもなく、除夜の鐘


そんな風にして。
自分自身の中にあったノイズも、かなーーーり、カットされていったのが、この2018年末。

あと20分くらいで、年が明ける。

もうすぐ、除夜の鐘が聞こえ始める。
今上天皇陛下が天皇陛下として過ごされる、これが最後の大晦日。