無慈悲だからこその美しさと、人の世界への投影/そこに感情は不要

作品制作についての諸処

太陽や星や宇宙や自然

何かとコミュニケーションしたいために美しさを見せているわけじゃない。

周りに観客を集めたいわけでもない。

何に対して発信しているわけでもない。

もともとの在る姿を、在るように、存在している。

何の感情もなく、何の想いもなく、過去も未来もなく。

厳然とした「存在しているという事実」を、ただ見せているだけ。

それは、非情でもあり。

無機質でもあり。

無慈悲である。

故に美しく、人間の方が自らすり寄っていかずにはいられないのだ。

あらゆる種類の創作。

あらゆる種類の表現。

そして思想。

それらはいずれも、あれらの「厳然と、存在しているという事実のみを見せるもの」を、いかにしたら人の世界へ投影できるのか…ということを模索している過程で生まれてきたのだ。

私は、そう思っている。

そこに、一切の感情は不要。

感情は、人の世界へ投影された時、それに触れた反応として起きること。

故に、感情を操作しようという意図が潜むところに、私の求める美しさは、ない。