緋呂の異界絵師通信

Blog:緋呂の異界絵師通信

あなたも自分で龍が描ける!塗り絵に使える下絵プレゼント

time 2018/04/10

あなたも自分で龍が描ける!塗り絵に使える下絵プレゼント

大人の塗り絵の流行が続いてますね。

私も、何冊か持っていますし、塗ったこともあります。

何も考えなくていい、集中した時間が持てるので、気分転換には最適です。

たくさん種類も出ているので、好きなタイプの絵を選ぶこともできますしね。

以前に、カンタンな手順で龍を描いてみよう、というワークショップを開いていました。

はじめたきっかけは、

「なぞって描ける下絵があったら、龍も描いてみたいんだけど」

というつぶやきをFacebookで見たから。

下絵があれば描いてみたい、と思う人がいるのなら、作ってみようか…と。

声をかけたら、すぐに人が集まってくれまして。

その時に、大人の塗り絵楽しいよね、という自分の経験を思い出しました。

ほとんどの方は、描いてみない?とお誘いしても、

「龍を描く? 自分で? そんなのムリムリ!」

と、おっしゃいます。

でも、龍って、けっこう、単純なカタチをしてるのですよ。

まあ、ダメでもともとって、ゆるーい気分で、トライしてみません?

画像の上で右クリックして「画像を保存」

スマホ、iPhone、iPadは、画像の上で長押し→「イメージを保存」してください。

こちらは、細かく描き込んであったところを消して、下絵用に作り直したものです。

線をあえて薄くしてありますので、どうぞ、なぞり描きしてみてください。

使う道具は、サインペンでもボールペンでも鉛筆でもOK。

もちろん、筆ペンでチャレンジもぜひ!

線画のなぞり描きができたら、色塗りしましょう。

色鉛筆が手軽でよいかなと思います。

インクジェットプリンタで印刷したものは、水を使うとインクがにじんでしまいます。

もし水彩での彩色をご希望でしたら、コンビニで印刷しましょう。

コンビニのプリンタは、インクジェットではなくトナー式なので、少しなら水も使えます。

龍の色って、何色なんでしょう?

実は、別に決まりはありません。

お好きな色で塗っていただいて、全く問題ありません。

一色である必要もなく、全てのウロコが違う色でもいいのです。

ウロコの線など無視して、好きな模様を描いてもらってもかまいません。

ハートをたくさん描いたり、チェックやドット柄にしても楽しそう。

サングラスをかけたり、帽子をかぶせたり、タテガミにリボンを結んだりと、装いを変えていただくのもおもしろそう。

こうしなくてはならない、という決まりは何一つありません。

下絵があるからといって、この通りになぞる必要は全くありません。

むしろ壊しちゃってください。

お子さまと一緒に塗ってみるのもいいかもしれません。

うちの子にはこんな複雑なの無理…なんて思うのは、案外、お母さんだけかもですよ。

細かすぎるなら、コンビニで拡大するのもアリ。

以前に、同じ下絵を使ってくださった方達から寄せていただいた例を何点か載せます。

大事なのは、こうでなきゃダメ、という制限をしないこと。

自由に。

楽しんで。

失敗したって大丈夫。

こわがらないで、のびのび、遊んでくださいね。

展示会『龍の箱庭展』のご案内
会期:5月25日~27日、金土日の3日間
時間:11:00~20:00(27日は19:00まで)
会場:GARAGE kagurazaka
   東京都新宿区神楽坂6丁目73 メゾンドガーデニア101

・アクリル画、焼き絵、墨、水彩画、陶器作品など龍作品の展示販売
・会期中は全日在廊し、会場で作品制作します。


【展示会のお知らせ】
速報!「龍の箱庭展」を12月京都祇園で開催いたします!

【おすすめメニュー】
開運したい、飛躍したい人は金龍画を手にしてください
あなたの内なる龍が動けるようになる【内なる龍・式神式】

緋呂(ひろ)のプロフィール - はてな
インタビューライターとのQ&Aで見る「緋呂ってどんな人?」
欲しいものリストを見ると人柄がわかる?
緋呂 公式サイト/Shop/SNSリンク集
Hiro-Web | 緋呂の作品展示館
龍と龍画の専用サイト「龍のカケラを手に入れろ!」
オンラインショップ緋呂屋
異界絵師 緋呂(ひろ) (@HIRO_eshi) | Twitter
緋呂Facebook個人ページ
Instagram
携帯対応 お問合せ窓口はこちら

Profile

異界絵師 緋呂

異界絵師 緋呂

神や龍からメッセージを受け取り、絵・陶器・文字で表現しています。

そこに私の意思は介在せず、 私はただ、彼らに操られるままに、 手を動かしているだけ。

ですから、私に作品の意味を 聞かないでください。
あなたが感じることが、すべてです。

判断を人にゆだねている限り、 本当の幸せは訪れません。
自分の感覚に自信を持ってください。

もしあなたが、神や龍に“守られている” と感じるなら、それが真実なのです。 [詳細]

過去の記事

ライブペイント「現龍」