見えないセカイ

目には見えないセカイの話

見えないセカイ

否が応でも、時代はかわりゆく

ベトナム記録が途中ですが、本日はこの日本という国にとって重要な発表があった日と...
見えないセカイ

「新時代への助走」となる四半期が始まりました

2019年、この国は「名実影共に」変化します ...
陶芸/クレイアート/立体作品

陶芸と見えない世界は似ている…という妄想

「陶芸と見えない世界って、似てる...というか、同じかなって、思うんです」 ...
作品制作についての諸処

「金龍」の神がかり逸話~開運、飛躍したい人は自分専用金龍を手にすべし

この金龍は、開運画である。 そもそも、そのように描いた。 だから...

内なる龍の式神化 はじまったとたんに動いた「海外つながり」

私も提供者の一人として動いておりました「内なる龍覚醒セッション」というエネル...
見えないセカイ

「金銭対価を受け取らない霊能者が本物だ」という説は本当か?

まとこしやかに語られる「本物の霊能者はお金など受け取らない」という説。 ...
見えないセカイ

死後の世界を信じようと信じまいと、あなたは先人が生きていた証明そのもの

宗教観の違いもあるし。 不可視の世界への信頼感の違いもあるし。 ...
見えないセカイ

誰が見てなくてもお天道様が見てる…というのは真実である

本記事は、わかる人にだけわかればいいものです。 説明を細々しようという気は...
作品制作についての諸処

無意識に動かされる。理由がわからない時ほど、強く働くエンジンを感じませんか?

ふとした時に、今までは気がつかなかった自分の奥の方にある「無意識的に方向付け...
見えないセカイ

誰にでも基本的に備わっている能力だから、それを使って稼ぐことは「おかしい」と言うスピリチュアル業者批判に思う

「自分の持っているものを活用して、商売する」ことは、なんら、悪いことではない...
作品制作についての諸処

絵そのものは消えても、無意識領域には確かに、カタチが刻まれる

もうすぐ、冬至。 冬至というのは、最も昼が短い日。 つまり、夜が...
見えないセカイ

名を名乗る ということ

秋~冬が好きだ。 なんといっても、空が美しい。 午後になると光が...
見えないセカイ

どこからが山、って、ハッキリ言える? だったら、神も同じだよ

遠くに山が見える。 その時、自分の足元の大地と、遠くに見える山は「繋がった...
作品制作についての諸処

怪しい絵師のはじまり物語…振り返る初心の頃

「初心にかえる」 ということが、必要なのかな…と、思った。 ...
見えないセカイ

神さんと仏さん 対応の差 私的イメージ

鳥獣戯画制作キットという面白いモノがありまして。 今日思ってたことをネ...
作品制作についての諸処

神仏天使に胸借りて

見えないセカイとの接し方については、思うことが様々ある。 ホントに、ど...
タイトルとURLをコピーしました