見えないセカイ

誰にでも基本的に備わっている能力だから、それを使って稼ぐことは「おかしい」と言うスピリチュアル業者批判に思う

「自分の持っているものを活用して、商売する」ことは、なんら、悪いことではない。 商売という言い方が嫌だなと感じるなら、「仕事する」でいい。 この考え方に異論を唱える人は、そうはいないと思う。 むしろ、異論のある人に、だ...
作品制作についての諸処

陶土で造形品を作ること/絵付けすること 「陶芸」は陶芸でも、全く違った二つの手仕事

最近、ものすごくハッキリと、わかったことがある。 陶器…陶土をさわることは、好きだ。 昔は3D作品は向いてないって思っていたけど、今は、「その中でも、向いてるし好きなやり方がある」という認識になっている。 ただ。 ...
作品制作についての諸処

一箇所にとどまっていては届かない世界がある。だから動く。

陶器というのは、非常に、原価がかかる。 しかも、必要な装備があまりにも、桁が違う。 だからこそ、持てる者のアドバンテージが高いのだが。 それにしても、試作の結果が出るまでに時間も費用もかかりすぎる。 しかも、不確...
作品制作についての諸処

絵そのものは消えても、無意識領域には確かに、カタチが刻まれる

もうすぐ、冬至。 冬至というのは、最も昼が短い日。 つまり、夜が長い日。 今の時期は、その日に向かって刻々と、闇の時間が長くなっていく時。 昨日まで明るかったのに、今日は暗い…そんな、日が続く。 日本の...
好きに生きよう道

「こんな人だと思わなかった」の前にあるのは、自分の期待だけ

あなたが見ているワタシは幻想。 どんなに知ってると思っていても、それは本体とは違う。 ちょっと知ってるくらいなら、なおのこと。 自分の意に沿わぬ言動をした? そんなの、あなたの勝手な決めゴト。 自分は人...
見えないセカイ

名を名乗る ということ

秋~冬が好きだ。 なんといっても、空が美しい。 午後になると光が黄金色になり、そこから日没までの短いひととき、世界はこんなに美しいのかと見とれずにはいられない。 この移り変わりは、人という種族がこの世にいてもいなく...
好きに生きよう道

わたしはここにいる あなたは、どこにいる?

時々迷っていたりトラブルに巻き込まれているようだけどでもそんなことに動じず我が道を進んでいけばよい。 これは、あるとき、ある方がこっそり伝えてくれた私への言葉。 我が道を進んでいる…と、思っている。 最もしつこ...
好きに生きよう道

やりたいことをやり行きたいところへ行けるようになるために大切なこと

やってみたいけどためらってしまったり、行きたいところがあるけど無理かなって思ってしまう...そんなことがありませんか? そういう時、本当にやりたいことは言わないで、それに近い別のことを「やりたい」って言ってませんか? 行きた...
作品制作についての諸処

【特性比較】墨と不透明水彩、どう違う?

絵具は、それぞれに特性があります。 今回は、 A 水墨画用墨汁 B 不透明水彩(ターナーポスターカラー) の両方を同時に使っているので、その二つを比べてみました。 用紙/スケッチブックの画用紙 筆/画像内の和筆 赤紫=墨...
見えないセカイ

どこからが山、って、ハッキリ言える? だったら、神も同じだよ

遠くに山が見える。 その時、自分の足元の大地と、遠くに見える山は「繋がった大きな地面の上」であることは、理屈でわかる。 山がある方に向かって、走る。 車でも電車でもチャリでも自力でもいい。 すると、山は近づいてく...
作品制作についての諸処

怪しい絵師のはじまり物語…振り返る初心の頃

「初心にかえる」 ということが、必要なのかな…と、思った。 見えない世界の絵を描くようになったのは、天使から。 だから、その初期の頃の絵をInstagramに投稿してみた。 懐かしい絵シリーズ。対...
見えないセカイ

神さんと仏さん 対応の差 私的イメージ

鳥獣戯画制作キットという面白いモノがありまして。 今日思ってたことをネタに作ってみたっすよ。 ※私の個人的なイメージですが、わかる人にはわかる? 「どうしましたか? おやおや、大変なことになってますね...
作品制作についての諸処

自宅のプリンタで中綴じ冊子を作る方法-レイアウト編

自宅プリンタで中綴じ冊子を作ろう!のパート2は、レイアウト編。 パート1道具編は、こちら 自宅のプリンタで中綴じ冊子を作る方法-まずは道具!     まずは面付け   冊子作りは、「面付け」っていう作業があります。 単なる1...
作品制作についての諸処

自宅のプリンタで中綴じ冊子を作る方法-まずは道具!

私は高校美術科から、デザイン専門学校に進み、初めての就職は今や絶滅職種となってしまったらしい「版下制作」でした。 そんな経歴のため、冊子の制作などは、その世界に関わってない方よりは予備知識があります。 (ていうか、若い頃はオタク...
作品制作についての諸処

試作とは「具現化」の第一歩

「試作とは「残念」の繰り返し」という記事に書いた通り。 妄想世界から現実へと持ち込む段階で、羽を広げまくった妄想のほとんどの要素は雲散霧消してしまう。 それでも、やる。 そうすれば、第一歩は、つかめる。 やらない...
作品制作についての諸処

試作とは「残念」の繰り返し

アイデアというのは、出てきた時は「自分って天才?」とか、思っちゃうんだけど。 いざ、実際にスケッチしてみたりすると、具体化する段階でほとんどの重要な要素が空中分解というか、雲散霧消してしまうんだよねえ…。 それでも、やる...
作品制作についての諸処

骨描き(こつがき)

骨=輪郭線 です。 彩色前に、墨で輪郭線を引くことを、骨描きと言うのです。 その線だけで完成させた絵は「白描」と呼ばれます。 和の絵画は空間と一体化する この骨描きについて説明している文章に、「描く対象とそれ...
作品制作についての諸処

神仏天使に胸借りて

見えないセカイとの接し方については、思うことが様々ある。 ホントに、どうにも表現しきれない思いが、腐るほどある。 確執の多い親たちを意固地に憎みたがる子ども…みたいなもんだ(そういう程度だという自覚はある) 子がなぜ親...