好きに生きよう道

ひらめきがこない…そんな時にやるべき唯一のこと

「絵がかけない、アイディアがひらめかない! なんてときは、どうしていますか?」 と、質問を受けました。 私の作品を買って下さったこともある方なので、クリエイティブ方面か、スピリチュアル方面か、もしかしたら両方への問いでしょう。 ...
作品制作についての諸処

あなたも自分で龍が描ける!塗り絵に使える下絵プレゼント

大人の塗り絵の流行が続いてますね。 私も、何冊か持っていますし、塗ったこともあります。 何も考えなくていい、集中した時間が持てるので、気分転換には最適です。 たくさん種類も出ているので、好きなタイプの絵を選ぶこともできます...
作品制作についての諸処

机で絵を描いていて傾斜をつけたい時、どうする?

  アトリエはテーブルの上...という絵描き仲間の皆さん。 机に用紙を水平置きにしていて、ちょっと傾斜がほしいなーと思うこと、ありませんか?     イーゼルがあればいいけれど。 カタチ的にも大きさ的にも、使ってない時は...
好きに生きよう道

人生を楽しく彩り豊かなものにするためのシンプルな方法

悩み事のほとんどは人間関係に由来する...という話を聞いたことがありませんか? 板挟みになって辛い。 誤解されて立つ瀬がない。 言葉のかけ違いで大きなトラブルに...。 そんなこんなで、人間関係ってめんどくさい。...
日々徒然

いろいろと難しい転換を図っている中、楽しいのはマジカルアイテム作り

今日の記事は、読まれなくてもかまわない系の記事です。 わざわざ「タイトルの次に大事な冒頭の一行目」にそんなことを宣言しているのは、最近文章を推敲するとか、書きっぱなしではなく構成を考えるなどに取り組んでいるため。 でも、そういう...
作品制作についての諸処

焼いた軌跡で作られていく絵があるって、ご存じですか?

Q.いつもブログ読んでます。 ずっとお聞きしたかったのですが、ヒロさんて、一番好きな画材は何ですか? いろんなタイプの絵があるけど、きっと、これが一番!ていうのありますよね? A.ご質問ありがとうございます! 一番ってむずかしい...
作品制作についての諸処

龍を描きはじめたのはいつ?どうして? きっかけは、辰年と筆ペン

Q.ヒロさんっていうと龍...て思うのですが、龍の絵を描き始めたのはいつ頃ですか?  A.2012年ですね。 実は、「龍は描かないの?」と聞かれたら「描きません」と答えていたのですよ。 こんな風に龍ばっかり描くようになるとは、まる...
日々徒然

いささか潜りすぎ、厭世感に浸ってました。が、浮上してきました

△5月に東京・神楽坂で龍画中心の展示会やります。 ちょっと、久しぶりの更新になっちゃいましたね。 いろいろと我が身を振り返る時間が必要でして。 今回は、いささか奥の方まで入りすぎた感もあります。 こんな具合で。 ...
日々徒然

絵よりも文章の方が楽なんです…と言っていた私がはいり込んだ迷宮

小手先でどうこうしようと思ったって、そうはいかないのが世の常。 技巧的にどうこうしたところで、文章そのもの以外の「行間」から、案外いろいろなことは透けて見える。 文章をちゃんと勉強したことは今まで、ない。 単発のライティングセミナ...
異界絵師とは

SNSそれぞれの使い分け基準を整理【異界絵師のトリセツSNS編】

<2018年2月版> SNS各種のアカウント、ブログ、ギャラリーサイト…と、ネット上にいくつも展開している現状ですが。 それぞれのアカウントは、自分なりの「使い分け」があります。 特にSNSについて、おさらいしてお...
お知らせ

新ブログで再始動

自分のドメインに拠点を移し、改めての始動です。 今まで、アメブロで4年、はてなブログで3年弱とブログを続けてきました。 移転したいなと思う時は、環境がガラッと変わるか、変えようとしている時。 今回もまさに、その節目でのWo...
見えないセカイ

死後の世界を信じようと信じまいと、あなたは先人が生きていた証明そのもの

宗教観の違いもあるし。 不可視の世界への信頼感の違いもあるし。 人それぞれ...といったら、これほど「人それぞれ」のジャンルもないだろうな、って思うのが、死後の世界への感覚。 私は、見えない世界と否応なく関わることにな...
お知らせ

緋呂LINE@

LINE@アカウント:@xjs7383k
見えないセカイ

誰が見てなくてもお天道様が見てる…というのは真実である

本記事は、わかる人にだけわかればいいものです。 説明を細々しようという気は一切ないので、わからない人はそのままスルーしといてください。 見えない世界と付き合う方法は、人によって違う。 私の場合は、実に実に残...
好きに生きよう道

モチベーションを維持し、目標を達成する一番有効な方法

モチベーションを維持し、目標を達成するにはどうしたらいいのか? その方法がわかったら、あなたはどうする? やる? やる、と答えた人は、次へ進める。 聞いてからでないと...と言った人は、お帰りを。 では...
作品制作についての諸処

無意識に動かされる。理由がわからない時ほど、強く働くエンジンを感じませんか?

ふとした時に、今までは気がつかなかった自分の奥の方にある「無意識的に方向付けている想念」を発見することがある。 そんな時。 いろいろな角度からそれを眺めてみて、ふさわしい形容を...言語化を試みる。 すぐに適した表現が...
作品制作についての諸処

結局は、「原点はどこにある」を常に考える立ち位置に戻るだけ~ライブペイント所感

大阪で、30分の持ち時間をいただいて、ライブペイントさせていただきました。 仕上がったのは、こちら。 終了直後に、井本貴美子さんが撮影してくださいました。 本日のライブペイント作品#龍 #ライブペイント #異界...
作品制作についての諸処

術師的絵師にとっての錬金術は、高温の流動状から掴み出す、まだこの世にないモノの創造

自然の5大元素。 水、火、木、土、金。 私はその4つまでを、複合的に使う。 残るは、金。 けれど。 ついに、その最後の1エレメントも。 扱えるようになる日が近そうだ。 針金細工とか、そんな「アリ...
作品制作についての諸処

転ばぬ先の杖ならぬ「教訓の先取り」がありがたいので記録しておくの巻

「手慣れると、気の入り方が鈍くなることがある」 これは、龍の徳利&ぐい呑みセットを納めてきた時にいただいた言葉。 陶器絵付けというジャンルで、ようやく、そこそこ自由に描けるようになってきたばかりのここ最近。 ご神前に御...
作品制作についての諸処

だいたい50分、人とのおしゃべりに花を咲かせながら手が勝手にラクガキする実験で感じたこと

先日と今日、二回。 Facebookつながりの方達とオンラインでおしゃべりをする日を設けた。 もともとは違う目的のために設けた日だったのだが。 しゃべっている間の手慰みにラクガキをさせていたら、結局そちらで多々感じるこ...