展示会

龍の箱庭展、明日セッティングします。25日~27日まで

【展示会『龍の箱庭展』のご案内】 
会期:5月25日~27日、金土日の3日間 
時間:11:00~20:00(27日は19:00まで) 
会場:GARAGE kagurazaka    東京都新宿区神楽坂6丁目73 メゾンドガーデニ...
展示会

今日のあなたにメッセージ「格言みくじ」引いてみよう!【龍の箱庭展】

「龍の箱庭展」では、ご来場いただいた方へのお楽しみで 「格言みくじ」 をご用意してます。 短冊に切った和紙に直筆で、一つずつメッセージを書いています。 歴史上の有名人が残した言葉の他、ことわざや、その時浮かんだ言葉な...
作品制作についての諸処

騎龍観音、完成しました【龍の箱庭展25日から】

異界絵師 緋呂(ひろ)さん(@hiroko.kawaguchi)がシェアした投稿 - 2018年 5月月15日午後7時51分PDT サイズ:F20キャンバス(727×606mm)、アクリルガッシュ。 画像は、リサイズした以...
作品制作についての諸処

騎龍観音と白龍 進捗【龍の箱庭展25日~神楽坂】

予想外に時間がかかっております、騎龍観音と白龍の二点。 あと一息まで来てはいるのだけれど、細かい仕事になっているのと、完全に乾燥させてから次へ移らなきゃマズいのと。 描いてる本人が「え? そうなるの?」という意外な展開が多々ある...
作品制作についての諸処

展示会に向けて制作佳境/没入する楽しさと恐ろしさ【龍の箱庭展25日から】

東京での初展示会へ向けて、制作が佳境に入ってきました。 今回は郵送搬入するので、発送は遅くても23日午前中。 あと10日です。 今回、一番大きな作品はF20キャンバスを使ったアクリル画2点。 私の好きな絵のサイズ...
日々徒然

名古屋駅近くに無料でゆったり過ごせる憩いの森とは?

仕事に疲れてぼーっとしたい、リラックスしたいけど、特に場所が思い当たらないなんてこと、ありませんか? そんなときにオススメの、とっておきの場所があるんです。 名古屋駅から徒歩で行ける。 入場無料。 広い芝生やベン...
小劇場

小劇場「虚像を創り上げる人」

お手紙のような素敵な文章を書く、彼女 とっても「いい人」がいます。 彼女はすごく優しくて、思いやりのある人。 人の心を掴む、お手紙のような文章を綴ります。 細やかで、それでいて自己主張もあり、芯の通った人だなぁと誰に...
作品制作についての諸処

陶芸窯がやってきた!

たくさんの方のご厚意により導入することができた陶芸窯。 本日、到着いたしました! 窯の庫内は、内径24㎝の円筒形になっています。 開封した時、フタ代わりに入ってた段ボール。 これに、オリジナル型で素焼...
好きに生きよう道

ひらめきがこない…そんな時にやるべき唯一のこと

「絵がかけない、アイディアがひらめかない! なんてときは、どうしていますか?」 と、質問を受けました。 私の作品を買って下さったこともある方なので、クリエイティブ方面か、スピリチュアル方面か、もしかしたら両方への問いでしょう。 ...
作品制作についての諸処

あなたも自分で龍が描ける!塗り絵に使える下絵プレゼント

大人の塗り絵の流行が続いてますね。 私も、何冊か持っていますし、塗ったこともあります。 何も考えなくていい、集中した時間が持てるので、気分転換には最適です。 たくさん種類も出ているので、好きなタイプの絵を選ぶこともできます...
作品制作についての諸処

机で絵を描いていて傾斜をつけたい時、どうする?

  アトリエはテーブルの上...という絵描き仲間の皆さん。 机に用紙を水平置きにしていて、ちょっと傾斜がほしいなーと思うこと、ありませんか?     イーゼルがあればいいけれど。 カタチ的にも大きさ的にも、使ってない時は...
好きに生きよう道

人生を楽しく彩り豊かなものにするためのシンプルな方法

悩み事のほとんどは人間関係に由来する...という話を聞いたことがありませんか? 板挟みになって辛い。 誤解されて立つ瀬がない。 言葉のかけ違いで大きなトラブルに...。 そんなこんなで、人間関係ってめんどくさい。...
日々徒然

いろいろと難しい転換を図っている中、楽しいのはマジカルアイテム作り

今日の記事は、読まれなくてもかまわない系の記事です。 わざわざ「タイトルの次に大事な冒頭の一行目」にそんなことを宣言しているのは、最近文章を推敲するとか、書きっぱなしではなく構成を考えるなどに取り組んでいるため。 でも、そういう...
作品制作についての諸処

焼いた軌跡で作られていく絵があるって、ご存じですか?

Q.いつもブログ読んでます。 ずっとお聞きしたかったのですが、ヒロさんて、一番好きな画材は何ですか? いろんなタイプの絵があるけど、きっと、これが一番!ていうのありますよね? A.ご質問ありがとうございます! 一番ってむずかしい...
作品制作についての諸処

龍を描きはじめたのはいつ?どうして? きっかけは、辰年と筆ペン

Q.ヒロさんっていうと龍...て思うのですが、龍の絵を描き始めたのはいつ頃ですか?  A.2012年ですね。 実は、「龍は描かないの?」と聞かれたら「描きません」と答えていたのですよ。 こんな風に龍ばっかり描くようになるとは、まる...
日々徒然

いささか潜りすぎ、厭世感に浸ってました。が、浮上してきました

△5月に東京・神楽坂で龍画中心の展示会やります。 ちょっと、久しぶりの更新になっちゃいましたね。 いろいろと我が身を振り返る時間が必要でして。 今回は、いささか奥の方まで入りすぎた感もあります。 こんな具合で。 ...
日々徒然

絵よりも文章の方が楽なんです…と言っていた私がはいり込んだ迷宮

小手先でどうこうしようと思ったって、そうはいかないのが世の常。 技巧的にどうこうしたところで、文章そのもの以外の「行間」から、案外いろいろなことは透けて見える。 文章をちゃんと勉強したことは今まで、ない。 単発のライティングセミナ...
異界絵師とは

SNSそれぞれの使い分け基準を整理【異界絵師のトリセツSNS編】

<2018年2月版> SNS各種のアカウント、ブログ、ギャラリーサイト…と、ネット上にいくつも展開している現状ですが。 それぞれのアカウントは、自分なりの「使い分け」があります。 特にSNSについて、おさらいしてお...
お知らせ

新ブログで再始動

自分のドメインに拠点を移し、改めての始動です。 今まで、アメブロで4年、はてなブログで3年弱とブログを続けてきました。 移転したいなと思う時は、環境がガラッと変わるか、変えようとしている時。 今回もまさに、その節目でのWo...
見えないセカイ

死後の世界を信じようと信じまいと、あなたは先人が生きていた証明そのもの

宗教観の違いもあるし。 不可視の世界への信頼感の違いもあるし。 人それぞれ...といったら、これほど「人それぞれ」のジャンルもないだろうな、って思うのが、死後の世界への感覚。 私は、見えない世界と否応なく関わることにな...